金融ニュース

預金保険法に基づき設立された預金保険機構が支払う現在の補償額は"決済用預金を除いて預金者1人当たり1000万円(決済用預金は全額)"この機構に対しては日本政府預金保険機構は日本政府と日銀そして民間金融機関全体の三者がが出資しています。
最近では日本の金融市場等での競争力を強化する為に行われる規制緩和だけではなく、金融システムの更なる質的向上の実現のための取組や業務を実行する等、市場だけではなく規制環境に関する整備が常に進められております。
覚えておこう、スウィーブサービスの内容⇒銀行の預金口座と同一金融機関・グループ内にある証券取引口座間において、株式の購入資金や売却代金などが自動振替してくれる有効なサービスである。同一金融グループによる優良顧客を囲い込むための戦略です。